BLOG

BWSブログ

ブログを絞り込む

カテゴリから探す
タグから探す

マイナビニュースに”「うちの仕事は特殊だから」にうろたえてはならない”が掲載されました

2020.02.28

本日、マイナビニュースに連載コラム「成果を上げながら定時で帰る仕事術」に第38回”「うちの仕事は特殊だから」にうろたえてはならないが公開されました。

前回の記事では、”社内の常識は社会の非常識かもしれない”と題し、業務改善の取り組みの際に「社内の常識」を振りかざして抵抗された際の対応のコツについてお伝えしました。

第38回でも社内の抵抗への対応に焦点を当てて「仕事の特殊性」を言い訳にした社内の反発への対処方法についてお話しております。

他にも業務の生産性を上げるための考え方や手法など、多数ご紹介しております。

業務改善にお役立て頂ければ幸いです。

https://news.mynavi.jp/series/teiji

MORE

マイナビニュースに「社内の常識は社会の非常識かもしれない」が掲載されました

2020.02.21

本日、マイナビニュースに連載コラム「成果を上げながら定時で帰る仕事術」に第37回「社内の常識は社会の非常識かもしれない」が公開されました。

前回の記事では、改善機会を見つけた後、効果を出すための取り組み方についてお伝えしました。

第37回では、改善機会の発掘や施策を立てる際によくある社内からの抵抗と、その対処方法についてお話しております。

MORE

新入社員の早期戦力化で生産性アップ!OJTによる現場の負担を軽減するポイント

2020.02.20

4月から1年間猶予されていた中小企業に対する残業規制が始まります。新入社員を迎え入れ、人手不足解消による仕事量の分散を試みるも、OJT指導の負荷が高い実状があります。中小企業の約5割が1週間未満の集合研修を実施しており(HR総研2019新入社員研修実態調査)、集合研修実施後すぐにOJTに移行する傾向が強く出ています。

指導を任された社員が指導に時間を取られ、生産性が低下してしまうのは仕方がないと思われています。しかし、現場調査をしてみると顧客価値に繋がる業務の指導だけでなく、交通費の精算や会議室の予約方法など生産性に直結しない業務も個別指導で行われています。生産性に繋がる指導以外の投資時間は現場が負うべきではありません。

このような現状に対し、OJTによる現場の負担を軽減するポイントを3つにまとめています。

MORE