BLOG

BWSブログ

ブログを絞り込む

カテゴリから探す

「わたし、定時で帰ります。」のクライアント、ランダー社に見る、パワハラが社内外に余計な残業を生む理由とは

2019.05.15

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第五話は、主人公・東山結衣(吉高由里子)のチームがクライアントのランダー社から無茶な注文を受ける一方、チームのデザイナー、桜宮(清水くるみ)がセクハラを受けているのではないかという疑惑が起こり、東山がランダー社に抗議する話だ。

その中でも注目したのはランダー社の草加(田本清嵐)が、上司によるセクハラ行為を目の当たりにしながらも制止できず、その背景にパワハラの文化が垣間見えたところだ。パワハラは取引先や社内において余分な残業を生む根源になり得るが、その理由を探る。

MORE

「わたし、定時で帰ります。」のエンジニア、吾妻徹のサービス残業がチームにもたらす3つの弊害とは

2019.05.09

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第四話は、退勤登録後も会社に残ってサービス残業を続け、あげくそのまま寝泊まりして毎日を過ごすフロントエンドエンジニア、吾妻徹(柄本時生)に焦点が当てられている。

吾妻はエンジニアとしてのスキルは高く質の高いサイト構築を行うが、一方で勤務時間内に仕事を終わらせようとする意識が乏しく、勤務時間内外を問わずダラダラと仕事をする傾向がある。

MORE

「わたし、定時で帰ります。」の新入社員、来栖泰斗のケースから学ぶ、相手をやる気にさせるコミュニケーション術とは

2019.05.08

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第三話では「会社、辞めようかなぁ」が口癖の新入社員・来栖泰斗(泉澤祐希)が仕事でミスを犯してしまい、上司からの叱責で意気消沈して本当に会社を辞めようとしてしまう。

教育係の東山結衣(吉高由里子)は来栖の考えていることが分からず途方に暮れるが、上司で元婚約者の種田晃太郎(向井理)に誘われて参加したフットサルでの出来事から学び、来栖と正面から向き合って前を向かせることになる。

MORE