BLOG

社長ブログ

ブログを絞り込む

カテゴリから探す

「わたし、定時で帰ります。」のクライアント、「星印」の狡猾な交渉術を分析する

2019.06.11

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第八話では、毎日必ず定時で帰る東山結衣(吉高由里子さん)の上司、福永清次(ユースケ・サンタマリアさん)がクライアントの星印に出した予算度外視の無茶な提案が通ってしまい、社員が対応に奔走する様子が描かれている。そこに追い打ちをかけるように星印の担当者、牛松(金井勇太さん)は自社側の作業の遅延を看過した上、さらに納期の短縮を言い出す始末で、東山のチームは窮地に陥ってしまう。そこで、この状況の元凶となった星印のやり取りから、良し悪しは別として「星印」の狡猾な交渉術とその危険性を分析する。

MORE

「わたし、定時で帰ります。」の主人公、東山結衣の父の発言に見え隠れする「根性論」の危険性を考察する

2019.06.02

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第七話では、毎日必ず定時で帰る東山結衣(吉高由里子さん)が、現役時代に家庭を顧みないで仕事に明け暮れた父、宗典(小林隆さん)と仕事に対する価値観の違いから喧嘩してしまうシーンが描かれている。
現代社会においてもモーレツ社員のごとく根性論を信奉し、残業を厭わず働いている人は少なくないと思われる。
そこで、現代社会において過度な根性論がもたらすデメリットを考察する。

MORE

「わたし、定時で帰ります。」の完璧すぎる上司、種田晃太朗と新入社員、来栖泰斗のやり取りから学ぶ「育成」と「成果」を両立するための心得とは

2019.05.22

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第六話は、社内随一の実力と人望を兼ね備える副部長兼Webプロデューサー、種田晃太朗(向井理)と最近やる気を見せ始めた新入社員、来栖泰斗(泉澤祐希)の衝突を中心に話が展開する。

入社後、初めてディレクターに抜擢された来栖は張り切って仕事をするが、社内でのデザイナーとの打合せやクライアントへのプレゼンなどで空回りしてしまい、それを華麗にフォローして立ち回る種田に自分の存在意義が脅かされたと感じて不満を抱き、ついに爆発してしまう。

MORE