ACHIEVEMENT

実績

業務工数が多く、稼働がひっ迫、モチベーションの低下からの離任という負の循環を打破するために、業務の生産性を上げたい

クライアントプロフィール

お客様名
外国人向けリロケーション D社
業界
リロケーション業界
実施サービス
業界最速働き方改革 リーンシックスシグマ(半日短期カスタマイズ)
参加人数
18名
サービス期間
2019/03(全1回、4時間)

依頼背景と要望

【依頼背景】意欲が上がらない研修。業務の改善は全く見られず…

人事担当者は、過去に業務改善のためタイムマネジメント研修を実施したが失敗に終わった経験があった。

研修を実施した時期が繁忙期だったこともあり、従業員が業務を押しての受講だったため、
研修中は社員のモチベーションは終始上がらなかった。

研修後も業務への取り組みや姿勢に変化は見られず、成果を得られなかった。

従業員がモチベーションを高く取り組むことが出来る内容で、実施後も従業員自ら業務改善に取り組めるようなものを探されていた。

要望①
人を増やさず社員の残業を減らしたい。

人を増やすのではなく業務効率を上げて 残業を削減したい。
クライアントの窓口になっている部署は、特に業務量が多い。
繁忙期は、残業が特に多いため、どうにか人を増やさず残業時間を減らしたい。

要望②
ベテラン社員に業務が集中。業務量の偏りを無くしたい。

部署・人による業務量の偏りを平準化したい。
仕事が出来る又は、ベテラン社員には若手にはあまり仕事を任せられないという意識があり、業務を抱え込む傾向にある。
そのため、仕事ができる又は、ベテラン社員に業務が集中しており、どうにか業務量の偏りをなくしたい。

以上の背景と要望を頂き、サービスを課題・要望に合わせてカスタマイズ。
課題解決を達成できる本サービス「働き方改革サービス リーンシックスシグマ」を実施しました。

サービス構成

リーンシックスシグマスケジュールC社

実施結果

業務の実態、改善余地を把握し、ツール作成・研修などクイック施策を実施することで作業品質向上・遅延抑制・作業量削減することができた

今回リーンリックスシグマを実施した結果、業務の全体像を可視化し、業務の全貌を把握することが出来ました。
業務量・リードタイム増加の原因となっている課題で、すぐに実行できるものを期間内で実施。弊社で自動化ツールを作成、研修を実施することで業務改善を実施いたしました。
案件期間内に対応できなかった課題は、施策を考え実施計画書を作成いたしました。C社内で引き続き業務改善施策が実行されています。

お客様の声

想定できる範囲を超えた成果、メンバーにも今後に繋がる色々な経験や
ツールな知識などのお土産を残してくださり、ありがとうございました(管理職 Nさん)

とても良いプログラムでした。
プログラム後に役員が講師に名刺交換を求めたのは今回が初めてです。
それほど良かったということです。

去年受けた研修は一般論で、受講者は「ふーん」という反応で終わり、結局何も変わりませんでした。
本プログラムではお客様の声を基にして皆で意見を出していきましたが、こういうのは初めての試みでした。

1個くらい改善案が出れば良いかなと思っていましたが、受講者から1個どころではなく沢山アイディアが出たのは驚きました。
また、他の部署の話も聞けたのは新鮮でしたし、部署間で前向きな議論ができたのはよかったと思います。
これまでの取り組みでは上位マネジメントからの指示ありきで、現場は「やらされ感」が強く、上手くいきませんでしたが
本プログラムでは上からではなく、現場メンバーから自発的な改善案が出てきたのでぜひ、これを実行に移していきたいです。

CONTACT

本件に関する問い合わせ先:
[広報担当] 中村 茉衣
[携帯電話] 050-5235-7353
[メールアドレス] nakamura@bw-s.co.jp