ABOUT US

企業情報

企業理念

More Productive, Better Life.

生産性の向上。
それは個人、そして組織が今より短い時間で、今より多くの価値を創出すること。
それによって人々が、より多くの時間を社会のため、家族のため、
そして自分のために費やすことができるようになります。

心躍る新しい事業への挑戦、自分の可能性を拡げる副業の開始、ずっと諦めてきた趣味の再開、
大事に思いながらも忙しさのあまり蔑ろにしてきた家族との団らん…。
生産性が向上した世界。それは、人々の人生がより豊かになることだと、私たちは信じています。

代表挨拶

「仕事の量が変わらないのに残業を減らせと言われても納得がいかない。」
「働き方改革の一環で夜10時に消灯しているが、暗い中で深夜残業を続ける社員が少なくない。」
社内でこんな声を聞いたことはありませんか。

そもそも社員は「生産性を上げろ」と言われても何をしたらよいのか分かりません。一方で指示を出す側もどうすべきか分からず「自分で考えろ」と丸投げするようでは完全にお手上げです。

生産性を上げるには、「仕事のやり方を変える」か「職務遂行能力を上げる」のいずれか、またはその両方を行う必要があります。

私たちには住宅設備、航空、電力、通信、製薬、小売り、求人、広告など多種多様な業界・業種での業務改革コンサルティングプロジェクトで培ったノウハウと経験があります。

2012年、私は前職の日本IBMで初めて、グローバルスタンダードの業務改革手法”Lean Six Sigma”における最上位の称号”Lean Master”を与えられました。この手法を活用することで業務を可視化し、ムダやバラつきを抽出して改善機会を捉え、あるべき将来像を定義して実行計画に落としこみます。そして、これを現場の声を徹底的に活かして行うことで精度と実行力を最大限に引き上げ、確実に「仕事のやり方を変えて」生産性を上げることができます。

一方、新卒からコンサルタントとして超短期でパフォーマンスを上げ続けることが厳しく求められる環境で仕事を続けてきた結果、仕事の効率を最大限に上げるための「思考力」、「判断力」、「表現力」を身に着けました。そしてこれらを実践の場で若手メンバーに教えていく中でノウハウの体系化に成功しました。ロジカルシンキングや仮説思考、フレームワーク思考などの一連のノウハウは既に多くのビジネスパーソンに加え、国立大学法人上越教育大学の学生や株式会社Z会の中高生会員にも実践形式で伝授しており、自信を持って社員の皆さまの「職務遂行能力の向上」に貢献できます。

ですが両方に共通して重要なことは、結果を出すまでには各社固有の「越えなければならない壁」が存在するということです。それは時には部署間の軋轢であり、リーダーシップの不在であり、前例踏襲主義であり、他責の文化であったりします。

そして残念ながら、私たちの力だけで壁を乗り越えることはできません。壁を乗り越えるには皆さま自身の「絶対にやり遂げるのだ」という信念が不可欠です。その信念さえあれば私たちは必ず、皆さまの生産性向上に貢献することをお約束します。

生産性の向上によって会社の業績向上はもとより、社員一人一人の人生がより豊かになれば本望です。株式会社ビジネスウォリアーズは “More Productive, Better Life.” の実現に邁進して参ります。

CONSULTANT / FACILITATOR

HIDEYA AIHARA

相原 秀哉

業務改革コンサルタント (Lean master)、研修講師
上越教育大学非常勤講師

2005年 慶應義塾大学大学院法学研究科修了後、
IBMビジネスコンサルティングサービス (現日本IBM)入社。
戦略コンサルティング部門にて16業種・28社を対象に業務改革や経営管理改革等のコンサルティングプロジェクトに従事。
Lean Six Sigma*1 , ABM*2 を応用したコンサルティングを得意とし、2012年、日本IBMで初めてIBM公認のLean Master (Master Black Belt)に 認定。
一方、2013年にポジティブサイコロジースクールにて、人の強みを最大限に引き出すポジティブ心理学を活用したコーチングを学習、ポジティブ心理学コーチング課程修了。
同年以降、コンサルティングに従事する傍ら、某教育大の学生やビジネスマン、述べ98名を対象にビジネススキル研修を企画・実施。
2016年 4月 ビジネスウォリアーズ創業、代表取締役社長就任。
*1 Lean Six Sigma:ビジネス・プロセスの変革を通して人材を活性化し、業務改善にむけて体系化された組織的運動プログラム。
*2 ABM :Activity Based Management の略。業務プロセスをアクティビティ単位で整理、徹底的な「見える化」に基づいた改善機会の分析手法。

マイナビニュース
マイナビニュースの連載コラム「成果を上げながら定時で帰る仕事術」を執筆中

MAI NAKAMURA

中村 茉衣

2013年秋に上智大学国際教養学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに2014年入社。モバイル事業部門にてコンサルタントとして8業種・7社を対象にモバイルデバイスを活用した業務改革やアプリケーションのローカライゼーションプロジェクトに従事。

特にアメリカ、カナダ、インドを含む多国籍なクライアントや社内メンバーとの交渉やコミュニケーションにおいて貢献。

一方、個人でコピーライティングからデザイン作成まで幅広くカバーしたフリーランスのブランドデザイナーとして活動。Webバナー、パンフレット、ダイレクトメール、ロゴのデザインなど5社を対象に実施。

2018年2月 ビジネスウォリアーズに広報/コンサルタント/ファシリテーターとして入社。

会社概要

社名
株式会社ビジネスウォリアーズ
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
電話番号
03-5219-1350
設立
2016年4月6日
資本金
500万円
代表取締役
相原 秀哉
事業内容
働き方改革・生産性向上コンサルティング事業、
人材育成事業
取引銀行
みずほ銀行 丸之内支店
加盟団体
東京商工会議所